好悪判断
電車の中で、好みのタイプの女の子を見つけると一日幸せで居られるtask2です。(単純)


美人と不美人の境界ってどこにあるのかなぁと考えたわけです。

 あえて「不美人」と言わせてください。
 「ブス」とか「醜女」とは違う意味で使いたいので。

ブス・醜女と不醜女の境界は、主観的なものですが、直感的な好悪判断が
唯一の基準であることがすぐにわかるんですけど。


美人-不美人境界を自分の中での判断を省みると、少なくとも二重基準、
もしかしたらそれ以上に複雑な基準の組み合わせになってると思うわけです。

というのは、おいらの感覚で「美人だけど好感でない」という人が
確かに存在するなぁと思うからです。

結果的に言うと、おいらの女性分類は

 1.美人 - 好感
 2.美人 - 不快
 3.普通 - 好感
 4.普通 - 特に気にせず
 5.醜女

の5タイプになってるわけですよ。

好悪判断以外の美人の条件って何なのかが説明つかなくて思考中。
いわゆる社会的認識の「美人」に流されてるだけなのかなぁ。


因みに…
 1. 15%
 2.  5%
 3. 40%
 4. 30%
 5. 10%
というシェアになっております(task2調べ)
[PR]
by tasktask | 2005-05-17 23:23
<< 本当の年齢! 大学時代の >>